ホーム > よくあるご質問

よくあるご質問

サンホワイトP-1と普通の白色ワセリンはどこが違うのでしょうか?
一般的な白色ワセリンは黄色ワセリンを精製して「白色ワセリン」となっていますが、それでもごく微量の不純物が含まれています。また製造メーカーにより品質に多少の違いがあります。 微量でも太陽光の影響を考えると、不純物は少ないに越したことはありません。 サンホワイトP-1は一般的な白色ワセリンを更に精製した高品質の白色ワセリンです。
サンホワイトP-1は使用上、具体的にどんなところが良いのでしょうか?
一般的に油は太陽光や大気などの影響を受けて化学変化を起し、微量ですが過酸化物や分解物が発生し劣化します。特に太陽光の紫外線の影響は強烈で、油のみならず皮膚細胞そのものを傷つけてしまいます。サンホワイトP-1は太陽光による紫外線吸収の影響をほとんど受けず(*)、皮膚にやさしく低刺激性です。 (*「紫外線吸収の影響をほとんど受けず」とは・・・「化学変化をほとんど受けず、過酸化物の生成(=酸化)等をおこしにくい」という意味です。)
サンホワイトP-1の使用感はどのような感じでしょうか?
一般の白色ワセリンと比べると、使用感が比較的よいのも特徴です。一般の白色ワセリンはぬりにくい、独特のべたつき感があるとよく言われます。また皮膚炎 が治った直後の顔面などは非常に敏感になっており、保湿剤などを強くこすってぬるとそれが刺激になる場合もあります。 サンホワイトP-1は一般の白色ワセリンより多少軟らかく伸ばしやすいため、かるく薄く塗布することが可能です。つけたあとのべたつきもあまり気になりません。
サンホワイトP-1はどのように使うといいのでしょうか?
サンホワイトP-1は皮膚に水分を補ったあと塗布すると、より保湿感が得られます。入浴後すぐに使用する方法が一般的です。サンホワイトP-1を両手のひらでよくなじませてから、手のひらをやさしく押さえるようにして皮膚に塗布してください。できるだけ皮膚をこすらないようにご使用ください。また通常より肌が敏感になっている方は、雑菌の混入を防ぐ為にもサンホワイトP-1を容器から取る際は、綿棒などを使用し直接指で取らないようにしましょう。
一般の保湿クリームとサンホワイトP-1とはどのような違いがありますか?
サンホワイトP-1の剤型はいわゆるクリーム(乳剤型)とは異なり、軟膏基剤の硬さを保持しています。クリーム(乳剤型)の保湿剤は一般的に皮膚に吸収される作用を利用していますが、白色ワセリンやサンホワイトP-1などの軟膏基剤と比べると、水分透過率が大きいため皮膚表面からの水分蒸発が抑えられず、保湿作用が低くなります。それに対し白色ワセリンやサンホワイトP-1は皮膚にはほとんど吸収されませんが、皮膚表面からの水分蒸発を防ぎ、保湿作用は高くなります。また皮膚バリアーの保護にもなります。
皮膚の状態や、使用する時間帯・部位による使用感などで使いわけたり、またご自分の肌に合うものがあれば併用しても良いでしょう。ただし医薬品との同時塗布は必ず医師の指導を受けましょう。
目のまわりが乾燥しているのですが・・・?
サンホワイトP-1は顔・目のまわりにも使用できます。こすりすぎず、肌にのせるようにしてやさしく塗布してください。
鉱物油は肌に悪いってよく聞きますが、本当に大丈夫でしょうか?
鉱物油そのものが肌に悪いのではなく、鉱物油に含まれる様々な不純物が、光や空気、熱などで化学変化を起すことで肌に悪影響を与えているといわれています。
数十年前の品質の良くない鉱物油のイメージで、今日でも鉱物油が肌に悪いという意見が一般的になっていますが、本来精製された白色ワセリンは安全性が高く、特にサンホワイトP-1は医薬品軟膏の基剤やアレルギー判定に使われるパッチテストの基剤(アレルゲンを薄めるベース)などに使われています。
基礎化粧品と一緒に使用したいのですが・・・
ご自分の肌に合う化粧品があれば、まず化粧水・乳液・・・と通常の順番で使用し、最後にサンホワイトP-1を塗布します。サンホワイトP-1は化粧下地としてもご使用頂けます。
洗顔後(肌を洗った後)残留感がありますが大丈夫でしょうか?
サンホワイトP-1が肌に残っていても問題はございません。
ぬるま湯や石けんでやさしく洗った後、タオルでやさしくふいて下さい。
無理に落とそうとするとかえって肌を痛めてしまいます。
お肌に合う石けんがなければぬるま湯でのすすぎ洗いで大丈夫です。
日焼け止めにもなりますか?
サンホワイトP-1は日焼け止めの効果はありません。日焼け止めの目的ではご使用にならないでください。
日焼け止めと併用される場合は、特にどちらを先につけたほうが良いということはありません。
ご使用中の日焼け止めのタイプにより、使用感のよい方法でご使用ください。
サンホワイトP-1はどのように保管をすれば良いのでしょうか?
サンホワイトP-1は紫外線や熱・酸化の影響をうけにくく、品質が比較的安定していますが、 直射日光の当る場所や極端に高温になる環境での長時間放置はやはり良くありません。しかし特別に冷蔵保存する必要もありません。室内のできるだけ日差しのあたらない場所、および高温に ならない場所に保管してください。
サンホワイトP-1の使用期限はどれくらいですか?
サンホワイトP-1は射光・常温での保管及び未開封であれば、3年は品質が安定しています。ただし開封後は雑菌混入の恐れがありますので、1シーズンを目安としてできるだけお早めにお使いください。